キーボードの名品 Libertouch

メインPCのキーボードを買い換えました。
富士通コンポーネント製「Libertouch」で、値段はなんと 12,800円!!
いや高いよね。でも、試し打ちしただけでも凄く良い感触。
自分は仕事でパソコンを使っている時間が長いこともあり(言い訳)、買いました。

キースイッチの仕組み

ここで、キーボードのキースイッチユニットについて簡単に長所を述べると

メンブレン:コスト
メカニカル:キー音の軽快さ、確実性、独特の打鍵感
静電容量無接点方式:耐久性、キータッチ感覚

となる。

キーボード購入候補

最初、「メカニカル」の軽快な感触が好きかなと思ったが、逆にその「音」と「感触」が疲れないかなと考えた。
次に、「静電容量無接点方式」。こちらはマニア垂涎の「東プレ Realforce」が代表格ですが、そのなかで静音版の「REALFORCE108UH-S 」にほぼ決めていた。

レビューを見るとわかりますが、絶賛の嵐。
実際に秋葉原まで感触を確かめに行ってきました。良い意味で「昔懐かしいキータッチ」。
キーを押しても強い反発があるわけではないすが、心地よい「入力感」がある。
キー操作音も、静かで好みでした。


ここまで褒めときながら、実際は別のキーボード買ってます。
それが上記の「Libertouch」。

アマゾン Libertouch レビュー

購入決定理由としては

①「メンブレンでありながら、構造は低価格品と大きくことなり、打鍵感やキータッチ音が素晴らしい」
②「黒でかな表記がある(Realforceでかな表記があるのは、白キーボードのみ)」
③「価格がRealforceより安い!」

②については、自分が「ローマ字入力」ではなく「かな入力」なのでかな表記が必要であり、マウスも含めて黒系統でまとめていたため、黒キーボードが欲しかったという理由から。

購入後の感想

正直「え!、Realforceに比べるとスカスカだなぁ」と、最初は「少し失敗したかな・・・」と思っていたが、しばらく使い続けると、良い感じで入力できるようになってきた。

特に、このブログ記事のような長文の日本語を打つ時は、前のキーボードとは大きく感覚が違う。
キー、ひとつひとつの押した感触の伝わり方が絶妙なので、打ち間違いが減るイメージ(というか、「打ち間違いに簡単に気づく」という感じ)

大きく打鍵感が違うというより、微妙ではあるが、気づくと気持ちいい入力ができているという感覚。

キーボードは好みもあるので、可能であれば実際に店舗で触って決めるのが一番。
Libertouch は、ヨドバシカメラ秋葉原店に実物があった。
(展示品は、かなり使い込まれています。新品時はもっとスカスカした感触)

ただ、キータッチは慣れも重要な要素なので「最初は良かったけど、だんだん気になる・・・」という事もあれば、「違和感があったのが、馴染んで良くなった」ということもある。自分はどちらかというと後者。実物を触った時は、最初の感覚だけでなく、使い慣れた時にどうなるかって事も考えたほうが良い。
実物に触れる機会が無い人も多いかもしれないが、パソコンを使っている時間が長い人は良いキーボードは必須だと思う。

Realforceとの比較

しっかりしたキータッチが良い人はRealforceが良いかもしれない。
自分は、軽快なLibertouchにすっかり慣れてしまい、Realforceはちょっと重ったるいと感じてしまう。
ただ、どちらを選んでも後悔はしないと思う。いずれ、打鍵感にもなれるはずだし。

ついでにパームレストも購入。

こちら、正直効果は明確にはわからない。
ただ、これが無いと打ちづらいので、役立っているとは思う。

仕事でパソコンを使う方やパソコン操作時間が長い方には、入力操作に直結する箇所なので、良いキーボードを選んでみてはどうですか。

 

追記 2017年6月25日

実は、この記事は2014年に書いたモノ。
約3年使用しました。
キータッチは特に変化無く、良い感触のまま。
キーの文字については、よく使うキー(「Enter」と「E」)が多少、黒ずんできた。
でも、文字は見えるので使用上の問題はなし。

よくあるコーヒー溢す事件も無かったため、キー外してメンテナンスは一切せず。
特定キーの感触が変わったりということも無し。
個体差がどの程度あるか不明だが、ここまで使えれば大満足な製品です。

3年間ほぼ毎日利用したものだから、ちょっと高いモノ買ったけど後悔してませんよ。
と言うか、これ壊れても同じモノ買うな。
生産中止だけが心配なんで、みんなもLibertouch買ってくれ。